スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好き(スキ) 

カテゴリ:日本語展

サ行・・・原基・完成・共鳴
カ行・・・迎入

人間は、完成したもの、完全なもの、実在そのもの、不滅なもの、無限力のもの、基本のもの」などを見つけたときに、サ行の声をぶつけて叫んでいるにちがいないサ。
「自分(いのちのの原基の不滅、完全)とおんなじだナ」と感じて、サ行のこゑを叫ぶはずサ。

サ行S系の声には「共存、共鳴、共に並ぶ、常に己と共なるもの、仲間・・のように相対している、向かひあッてゐる」とゆふ感情が、基本的にはあろう、としたヨ。
彼女を好きだ、この絵を好きだ、この人好サ、の、「すき」のときは、「(ス)共鳴を(キ)受けるヨ」と言ふ、「私の仲間に入れるヨ」となったネ。
自分にあるものと、そッちにあるものと、並んだから「ス=常に己と共にあるもの」となったでしョ。

img023.jpg


スポンサーサイト

住む(スム) 

カテゴリ:日本語展

スム
スはサ行で、原基、完成の感情を表す。
ムはマ行で、守備心の感情をを表す。
「スム」とは、護りの基礎おなる場所ということなのだろうか。


img021.jpg 

スバラシイ 

カテゴリ:日本語展

完全心が生体に姿を現すと、目の形とか、睾丸の形とか、卵の形とか、頭の形とか、
になる。
不敗を示したいところ、不滅を続ける念願のところにい姿をあらはす。
このの完全心が音声に出ると、サシスセソの声を叫ぶ。
英語ならSの声を発します。

自分の心の原体が「共鳴」したときに、「スー」と出るのですね。
スバラシイとか、ステキだとか、スゴイとかのスは
「完全的だ」とか
「永遠的」だとか「自分の中心に常に共にある」
とかの心が叫んだ声ですよ。
スバラシイとは「永遠不変不滅的なものがひろがってみえる」といふ
心の声になるでしょ。

シブヤ シゲヨシ 「生命光体」より

img020.jpg 

サ行(サシスセソ)は不滅の心 

カテゴリ:日本語展

私は小宇宙だ
私は宇宙をかたどってゐる
私は太陽よりも
ひろびろとして すぐれた
力と知と生命とを内に秘める
サ行の本体は「不滅のもの」
このサ行の原体心を発見して「ワタシは多刧のムカシから生きてゐた」

ことを知ったのです
物質生命以前に「私」は「心体」でした

img019.jpg 


○(マル)の心・・・空 

カテゴリ:日本語展

 マルい心、これは円満。円満ということは、完全であるといふこころ。不敗の自信力。不滅のこころ。

このの完全心が、音声に出ると、サ シ ス セ ソを叫ぶ。
サシスセソの声は、「完全心」の叫びだから、完全 不滅 永遠 事実 私 基点 共存 共にある 共鳴 基などをおしひろげた感情の声になる。 
                                                                                           
鳥が飛んでいくところに空(ソラ)をみた。
ソラ、空、このソラの「ソ」の声を、原体心型のサ行の声と見ると「ソ」の響きに、「基礎、不滅、共存」とゆふ叫びがきこえてきた。
ソラの声は「ソ」・・・不滅なる、「ラ」・・・つらなり といってゐると聞こえた。
空、は「ソ」・・・常に己と共にある 「ラ」・・・つらなり として仰ぐこと と出てきた。

img018.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。