スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

端と恥 

カテゴリ:太陽魔術

IMG_4137.jpg

父は「端っこ」の「端」は「はじ」、「恥」は「はぢ」と書いていた。

「端(はじ)」のは「は」はハ行拡大心、心型記号は◎。広がりをあらわす。
「じ」は原体心、心型記号は○。
基礎、原点などの心型をあらわす。
したがって「端(はじ)は広がりが停止。

恥(はぢ)の「ぢ」は、タ行進取心、心型記号は→。
進む、出る、逃げるなどの感情をあらわす。
恥かしいというのは、そこから出たい、逃げ出したいという気持ちだから「じ」ではなく「ぢ」と書くのだという。

父はこの表記法を「感情体仮名遣いと呼んでいました。

ホームページを更新しました。
「感情体文字(その1)」をごらんください。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sshigeyoshi.blog115.fc2.com/tb.php/149-39fe27e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。