スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイヌ語と英語(3) 

カテゴリ:アイヌ語と英語

飛ぶ
(飛ぶ、トブ)とは、どういう心、なのサ。
人間はネ。
欲しいものがあッたら、どうなるかネ。
心が、それに、ひろがッて行くでしョ。
手を、ひろげていく、でしョ。
唇を、ひらいていく、でしョ。
瞼を、ひろげていく、でしョ。
体には、ひろがる形、ふくらむ形、があるでしョ。
皮膜も、ひろがるでしョ。
ボウコウも、ふくれるでしョ。
腹も、ふくれるでしョ。
人体にある、この、ひろがる、ふくらむ、形をつくる心が、人類の、ハヒフヘホ、HBPVF、系の、声の感情を、叫ぶヨ。
「ひろがッていく、ふくらんでいく、とゆふ、感情がある」となッたヨ。
「ひろがッていく、とは、元点から、しだいに、離れ、去ッて、いく、の、感情」となッたヨ。
「ひろがッていく、とは、元形から、うつり変ッて、いく、無常感、の感情と、なッたヨ。
「ひらいいていく、とは、元形から、放たれていく、去る、の感情」と、なッたヨ。
「ひらく、ひろがる、ふくらむ、とは、八方へも、ひろがる。一方から、だんだんに、他方へも、動きを、ひろげていく、の、感情」と、なッたヨ。
だからサ、
「(飛ぶ、トブ)の意味の感情、はサ。(ト↑、進んでいく、ブ、その行動を、八方にひろげていく)ともなッた」のだヨ。
鳥はさ。
(ト↑、進む力を、ブ、八方に(ひろげていく、もの)となッたヨ。
英語の(鳥 BIRD)もネ。
「B、力を八方に(ひろげて、D↑、進んでいく、もの」とも、出るよ。
ハテ、アイヌ語の(飛ぶ)は、どんな、コトバ、か、と、なるからネ。
見たら、(飛ぶ ホブニ)が、あった。
「ホーラ、アイヌ語の、(飛ぶ ホブニ)にも、ハ行のホブ、力を八方へひろげて行く、ハ行の感情が、あるぢゃ、ないか。アイヌ語でも、飛ぶ、は、日本語の、トブのブの音、と、同じに(ハ行の音があッて、力を八方へひろげていく、と、叫んでるヨ。」
こうなるのさ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sshigeyoshi.blog115.fc2.com/tb.php/16-9ba15614

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。