スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界語行脚(3) 

カテゴリ:随筆 世界語行脚

ハ行の感情と芸術かな遣い

前述のように、父は「恋」のいう言葉の音の感情を表現するために、カナでは「コヒ」と書いております。
ハ行「ヒ」の音には、ひろがる、ふくれる、という感情の叫びであり、「恋」という言葉には、ひろがる、ふくれるの感情が含まれているという理由からです。
父はこのかな遣いを「芸術かな遣い」といっております。
さらに、ハ行の音の感情について次のように説明しています。


ハ行の(ひろがっていく心体)は、中心から離れて、前後左右に、
だんだん開いていく、ふくれていくネ。
ツボミも、ふくれて、刻々に表面の大きさを変化させていくでしョ。
小さい形から大きい形へと、刻々ひろがッて、原形から、離れて変わッていくでしョ。
ひろがる心体はふくれる心にもなるでしョ。
だんだんに原形から変わッていく心でもあるでしョ。
ふくれ、ひろがり、原形を去り、刻々に離れ、あらはれ、
どこまでも表面化を続けていく心でもある。
ちょうど、静かな水面に石を投げたときにおこる波紋のようにネ。

つまり、ハ行の声の感情は、
ひろがる、
ふくれる、
原形から離れていく 、
変わっていく 、
変化する、
などを表す叫びだというのです。
そして、ハ行の感情を含む言葉は「芸術かな遣い」で次のように表記しています。
             
変る・・・(カル)
      原形から変化する。
遠く・・・(トク)
      原点から離れていく。      
毀れる・・(コレル)
      原形から変化する。
川・・・・(カ
      原点から離れてひろがっていく。
前・・・・(マ
      原点からひろがっている。

いずれも、ハ行の音を含んでおり、その言葉の意味に、ハ行の感情が含まれているというのです。


img011.jpg


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sshigeyoshi.blog115.fc2.com/tb.php/35-f9092908

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。