スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽魔術(1) 

カテゴリ:概要

しばらくブログの更新をせずにいる間に4月になってしまいました。
ホームページの作成が遅れているため、ブログのネタがありません。
かといって、父の著書の一部を断片的に紹介してもあまり意味がないのではないかなどと考え、なかなか更新できずにおり、ときどきこのブログを覗きに来てくださる方の申し訳なく思っております。

そこで今日は父の著書の題名「太陽魔術」のことについて書いてみたいと思います。

ここに3冊の本があります。
   
DSCF2263.jpg
       
しかし、この本のカバーをはずすと、その中にあるのはどれも同じ「太陽魔術」なのです。
    
DSCF2264.jpg
    
つまり、当初「太陽魔術」という題名で出版した本に、その後題名だけを変えたカバーを被せて使っていたのです。
「太陽魔術」という題名は、「魔法使いが使う怪しげな術の本」と誤解されてしまい、本の内容が理解されなかったために、このような処置をしたものと思われます。
     
なぜ、「太陽魔術」という題名をつけたのでしょう。
これは、地上の生物は太陽の光線の10の心型によってコントロールされているという考え方によるものです。
太陽からは、10色の光線が発せらていて、この光線によって地上のすべての生物はコントロールされているというのです。(科学的な根拠に基づくものではありません)
     
次のように書いています。
      
アカサタナハマヤラワの感情は、太陽の光線の気力につながってゐるときこえたネ。
タッた一つの太陽が地界の生物を支配してゐるのサ。
だから、太陽の光線の声を並べれば、人生の基本形がそろふはずだナ。

       
そして太陽魔術という不思議な詩を残しているのです。
だいぶ長い詩なので、10回にわけで紹介していきます。
(これで私は、しばらくブログネタに悩まずにすむのです。その間にホームページ作成も進めたいと思っています)
  
太陽魔術

       
私が死んだあとに
非凡の人があらはれてネ
    
太陽の光線を
    
1、(灰白)紫外線のワ行の心だけにしてしまッたときは
   
世界は
殺人国と化するヨ。
人はみな、欠点をあばき、ののしり
つばをかけ
足で蹴り上げ
押したほし
夫はコップを床にたたきつけ
妻は外へおんだされ
子供とゆふ子供は道にさまよッてのめしあひ
老人は子にすてられ、子をすてて、家出をするサ
世界中の人々
みなひとりぼッちになり
人はみな職業を嫌になり逃げるヨ
たがひにおそひかかり
バクダンはとび
刃は、血潮をみとめ
自分を殺すもの、あとをたたず
世界は死の国の直前となり
生まれた赤ん坊は、たちまち外へなげられて死ぬヨ。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sshigeyoshi.blog115.fc2.com/tb.php/64-9eb5d432

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。